リーガルカレッジ | 靴の取説

お客様と共に「歓び」と「たのしさ」を創ります。

リーガルコーポレーションでは、店舗スタッフを対象にした研修制度「リーガルカレッジ」を実施しています。

リーガルカレッジでは、大切なお客様をお迎えするために、靴のプロフェッショナル販売員として必要な知識と技術の習得と人間力の向上を学んでいきます。

リーガルカレッジの礎とも言える入社時の基礎研修(主に接客技術を中心とした販売力強化研修)にはじまり、実地での経験を重ねつつ、2年以上にわたって知識、技術、おもてなしの心を磨いていきます。

フィッティングモデレーター認定制度

お客様に合ったデザイン、サイズの提案やサイズ調整、およびフィッティング全般のアドバイスが適切に行われることを目的とした、リーガルシューズ独自の資格制度。カレッジでは、この資格取得も目指します。なお、リーガルの専門店「REGAL SHOES」には、「フィッティングモデレーター」資格を取得したスタッフが在籍しています。

リーガルフィロソフィー

  • ●お客様を心からの笑顔とご挨拶でお迎えします。
  • ●お客様におもてなしの心と感謝の気持ちで接します。
  • ●お客様をお名前でお呼びします。
  • ●お客様のご要望を読み取り、誠意をもってお応えします。
  • ●お客様の足に最も合う靴をお選びします。
  • ●お客様を心からの感謝を込めてお見送りします。
  • ●お客様との今日の出会いを大切にし、良好な関係づくりに努めます。

靴について

まずは、素材や製法、デザイン等、靴の構造・機能に関する専門知識を学び、さらに素材や製法のメリット・デメリットを理解した上で、靴の効果的な活用法を学びます。

たとえば、どのような用途に適しているのか?耐久性や履き心地は?経済性は?ファッションとの相性は?等、実際の利用状況を想定して、実践的な靴の知識を身につけていきます。

  • 素材

    牛、馬、豚といった動物ごとの革の特性や、部位による特徴、加工法によって生まれる革の個性等、原材料の段階から学んでいきます。

  • 製法

    グッドイヤーウエルト製法をはじめ、各工程ずつ丹念に学んでいきます。靴職人による講義や、靴づくり体験も実施されます。

  • 修理・お手入れ

    長年にわたって使用された靴を教材に、靴が受けるダメージやお手入れがもたらす影響、修理工程等を学びます。

フィッティング

お客様の足に合った靴を提案するには、靴の知識に加えて足の知識も必要不可欠。
カレッジでは、骨格や筋肉といった足の構造や働きを解剖学的な観点から学びます。

さらに、その知識をベースにお客様の足の特徴を読み取り、靴とマッチさせる「フィッティング」の技術を習得します。 より高度な知識・技術を学ぶ「フィッティング・モデレーター研修」も用意されています。

  • 測る

    足の計測はフィッティングの第一歩。重要なのは、正しい姿勢で測ること、そして器具を正しく使用すること。すべては、ここから始まります。

  • 見る

    足の特徴を見極めるだけでなく、お客様の姿勢(重心)や歩き方も重要なポイント。観察力は、フィッティングの大きな武器となります。

  • 触る

    触診によって靴と足の状態を探り、フィット感を確認する方法を学びます。お客様の感覚と触診を組み合わせることで、より正確な靴合わせが可能になります。

コンサルティング

お客様に合った靴をご提案するには、まずご要望を伺うことが第一歩となります。とはいえ一口に要望といっても、用途や好み、デザイン、価格等、さまざまな要素があります。

そのようなお客様の思いを一つひとつ導き出し、靴選びに結びつけていくために、「おもてなしの心」を養うことからはじまり、笑顔の練習やコンサルティング技術を学びます。

  • ニーズの把握

    靴を履く場面や、歩く時間、すでにお持ちの靴の種類等を手掛かりにニーズを顕在化し、候補となる靴を絞り込む接客術を学びます。

  • 好みの把握

    「好み」とは感覚的なもので、言葉で伝えづらいものです。そこで、質問を工夫したり、お客様の服装等を参考に、好みを具体化していきます。

  • コーディネート

    ファッションや色彩に関する知識を学ぶとともに、フォーマル、カジュアルを問わず、さまざまなコーディネートを実践的に身につけます。

  • これ以外にもリーガルカレッジのカリキュラムは多岐に及びます。

    リーガルカレッジ受講者は、リーガルの専門店「REGAL SHOES」「naturalizer」などで皆様のご来店をお待ちしております。靴に関することなら、何なりとご相談ください。

    REGAL SHOES「店舗サービスについて」