足にあった靴をみつけるには | 靴の取説

意外と知らない、自分の足のこと。

靴は履き良くなければなりません。そうでなければ足に多くの負担がかかってしまいます。履き良い靴の第一条件は、いうまでもなく靴の大きさが足の大きさに合っているということです。 しかし、みなさん、自分の足の大きさのこと、どこまでご存知ですか?

足の特徴とサイズを知ろう

自分の足の特徴を知る

「甲高・幅広」が日本人の足の特徴と思い込んでいる人がいますが、実際に多くの人の足を計ってみると、それほど単純でないことが分かります。長い足・短い足、太い足・細い足と日本人の足の特徴は驚くほど広い範囲に及んでいます。

私たち日本人の足は、「甲高・幅広」とひとまとめに特徴づけられるほど単純ではなく、また複雑だと言っても他の国々の人々に比べて、特殊というわけでもありません。
まずは、自分の足の形(特徴)を知ることが、履き良い靴選びの一歩です
自分の足の特徴を知るには、まず、足の大きさを「長さ」と「太さ」をあわせた形として捉えることが大切です。

足が大きいとか小さいとか、靴のサイズは25センチなどといいますが、これらは普通、足の長さのことを意味して使われているようです。 ところが足の大きさは、つま先からかかとまでの長さだけでなく、幅あるいは「太い」「細い」という観点も加え、立体的に見る必要があります。たとえ足の長さが同じでも、足が太い人と細い人では、選ぶ靴のサイズが変わってくるのです。

足のサイズの正しい測り方

靴のサイズは、いうまでもなく足のサイズで決まります。そして、足のサイズとは、主に足長と足囲で決まります。足長は、かかとの後端からもっとも長い足指の前端までの長さ。そして足囲は、親指と小指のそれぞれのつけ根を取り巻く長さです。
しかし、足はいつも静止しているわけではなく、体重のかかり方等によって形やサイズが微妙に変化します。ですから足の形や足のサイズを計るときは、水平な場所に直立し、両足を平行に開いて平均に体重を掛けた姿勢で計ることが大切です。
これでサイズ(足長と足囲)は決まりますが、サイズ通りの靴が足にフィットするとは限らないことを意識しておく必要があります

フィッティングポイントを知ろう

自分の足に合ったサイズを選ぶための簡単なフィッティングポイントをご紹介します。 実際に靴を履き、次の5個のポイントを確認してください。

A つま先に余裕はあるか?

歩くときには足が靴の中で前後に動くので、つま先に余裕がないと指を痛めます。靴の形によって異なりますが、ゆとりの目安は約1~1.5センチです。
また、指の上にも少し隙間が必要です。指が押さえつけられていると、指の関節部の上面に「たこ」ができたり、指の間に「魚の目」ができ、爪や骨が変形することもあります。
靴の幅は、親指と小指が側面から圧迫されず、そっと触れている程度がベストです。

B 靴の幅と、足の曲がる位置があっているか?

親指と小指のつけ根の関節(ボール部)をグルッと一回りした長さ(足囲)に無理がないか確認してください。
甲革が足の形に張り出す場合は、幅のサイズアップをおすすめします。また、つま先に重心を掛けた時に甲部に不自然なほど深いシワが出来るようであれば、足囲に対して靴幅が大きいという目安になります。靴のデザインにより異なりますが、基本的には足の甲に靴が緩くもきつくもなくフィットしていることがポイントです。さらに、足が曲がる位置 (ボール部)と靴のアーチの基底(幅がもっとも広いところ)とが同じ位置であることも確かめてください。

C 土ふまずがフィットしているか?

足の長さは同じでも、アーチの長さは個人差があります。アーチを中底とアッパーがぴったりと支え、締めつけも緩みもない状態が大切です。土ふまずのアーチ部は、軽く足に触れている程度がベスト。
土ふまずの長さがあわない状態で靴に体重をかけて歩くと、靴の形が崩れてしまい、そのために歩行のバランスが狂って疲労を招くこととなります。

D くるぶしが履き口にあたっていないか?

口廻り(トップライン)が、外側のくるぶしにあたらず、ぴったりとフィットしていることが大切です。離れすぎていると靴の形が悪く見えるばかりか、歩きにくくなります。

E かかとやアキレス腱が圧迫されていないか?

足を前方に押しつけたとき、かかとと靴の間に小指の第一関節までが入る程度のスキマがあればOK。そしてヒールの真上にしっかりと重心がくることが大切です。
かかと全体が包まれ、安定した感触を得られるかどうかがポイントです。

ワンポイント解答

  • 靴のサイズは足の長さに合わせる?

    足の長さだけでなく、主に5つのポイントにある足の幅やフィット感等を確認しながら最適なサイズを選んでください。

  • つま先はピッタリがいいの?

    つま先には1~1.5センチ程度の余裕を持たせてください。指の上にも少し隙間が必要です。

  • 日本人の足は「甲高・幅広」?

    そうとも言えません。足の特徴は人によって異なります。自分の足の特徴を知ることこそ、靴選びの第一歩です。

  • デザインによってサイズも変わる?

    同じ木型でもデザインによってフィット感が変わります。その感覚にあわせてサイズも再検討することをおすすめします。