雨の日に履く靴選び | 靴の取説

雨に強い素材・製法・デザインとは。

雨の日は、革靴を履くのをためらってしまいますよね。
水が染みて気持ちが悪いし、靴の傷みも心配でしょう。

雨対策というのは、なかなか難しいものです。ウォータープルーフのスプレー等を塗布すれば、革の表面からの水の浸入を軽減できますが、それだけでは十分ではありません。水は革の表面以外からも染み込んでくるからです。

たとえば革を縫い付けた部分。歩行時のピストン効果により靴内部が減圧されることで、小さな穴からも水が浸入してきます。また、甲部分の低いパンプスやビジネスシューズでは、跳ね上げた水しぶきが靴の履き口から入ることもあります。

それでは、どうしたら雨の日を快適に過ごすことが出来るのか?
ポイントは、水の浸入を軽減出来る素材、製法、デザインの靴を選ぶこと。

雨の日に履く靴選びのチェックポイント

素材:撥水加工をした革で作られている。
製法:セメント製法で作られている。(甲革と表底を接着剤で張り合わせたもの)
デザイン:甲部分に縫い合わせが無いもの。

雨の日はどうしても滑りやすくなります。タイル、マンホール等の路面は特に滑りやすいので、歩行には充分に注意してください。また、革底の靴は非常に滑りやすいのでご注意ください。
靴をできるだけ永くご利用いただくためには、濡れたまま放置せず、水分を取り除き、風通しの良い場所で陰干ししてからクリーム等で磨いてください。
さらに革底の靴の場合、少量のミンクオイルで靴底をお手入れすれば、靴が生き生きとしてきます!

ワンポイント解答

  • 革靴は雨の日に履いてはいけない?

    雨に強い素材、製法、デザインを考慮し、しっかりと予防処置をすれば、ある程度の雨なら大丈夫。ただし、履いた後のお手入れもお忘れなく。

  • 撥水スプレーをしても濡れてしまう・・・

    撥水スプレーは水の染み込みを低減しますが、完璧ではありません。雨の浸入は、靴の表面からだけとは限りません。雨が染み込みづらい素材・製法・デザインの靴をお選びください。

  • ゴアテックス®ファブリクスなら濡れてもお手入れ不要?

    撥水加工の甲革でも、他の靴同様に保革のお手入れは必要です。雨の日に履いた後に限らず、日頃からお手入れしてご使用ください。

関連リンク