靴紐の通し方と結び方 | 靴の取説

靴紐を締めたまま、靴を脱ぎ履きしていませんか?

靴紐は、見た目の演出だけでなく、機能的にもとても重要なパーツです。靴を履くときには、ヒモを緩めて足を入れ、しっかりとヒモを締めてください。また、靴を脱ぐときも、十分にヒモを緩めてから靴を脱いでください。 ヒモを締めたままで靴を履いたり、脱いだりすると靴を傷める原因となるほか、きちっとしたフィット感が得られず、歩き心地にも影響します

主なヒモの通し方

  • シングル

    一番トラッドな結び方。ビジネス・シューズやドレスアップ用の靴に最適です。ただし、締めやすいと同時に、緩みやすいという欠点もあります。

  • パラレル

    シングルよりややスポーティーな結び方。弾力性に富んでいるので、長距離を歩いても疲れにくい。スニーカーのクラシック派に好まれます。

  • オーヴァー・ラップ

    オーソドックスな結び方。どの方法よりも緩みにくいので、スポーツシューズによく使われます。

  • アンダー・ラップ

    フィット感に優れた結び方。ハイカットのシューズ等に適しています。ただし、緩みやすい。

ワンポイント解答

  • 革靴のヒモはただの飾り?

    革靴のヒモには、靴を足にフィットさせる重要な役割があります。

  • 革靴とスニーカーは同じ結び方でOK?

    それぞれの靴に合った結び方があります。スニーカーには、緩みにくい「オーバー・ラップ」がおすすめです。

  • 結びっぱなしでOKの結び方は?

    どのような結び方でも、ヒモを結んだままで靴を脱ぎ履きするのは靴にも足にも良くありません。

  • 足にフィットする結び方は?

    フィット感重視のカジュアルシューズでは「アンダー・ラップ」がおすすめです。